コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キブド Quibdó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キブド
Quibdó

コロンビア西部,チョコ州の州都。首都ボゴタの西北西約 300km,太平洋沿岸平野にあり,カリブ海に注ぐアトラト川の上流部に臨む。 1654年建設。周辺一帯の商工業中心地で,市内には金属細工,製材,清涼飲料,衣料などの工場がある。近くには金や白金の鉱山,水力発電所がある。アトラト川水運の起点で,道路によりメデリンその他内陸部諸都市と連絡。人口 12万 3102 (1997推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キブド(Quibdó)

コロンビア西部、チョコ県の都市。アトラト川上流部、メデリンなどの内陸部諸都市を結ぶ水運の起終点に位置する。周辺には金・白金などの鉱山がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キブド
きぶど
Quibd

南アメリカ北西部、コロンビア西部、チョコ県の県都。密林地帯の中にある小都市で、アトラト川を溯行(そこう)する小型汽船の終点に位置する。人口11万4318(1999)。ゴム、ココヤシの取引が行われ、付近でプラチナなどの鉱産物を産出する。黒人住民が多く、コロンビアでも異郷的な雰囲気が感じられる都市で、よく整備された博物館などもあり、将来は観光地化が予想される。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キブドの関連キーワードナツハゼ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android