コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キム・ソウン(金素雲) キム・ソウンKim So-un

1件 の用語解説(キム・ソウン(金素雲)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キム・ソウン(金素雲)
キム・ソウン
Kim So-un

[生]1907.1.5. 釜山
[没]1981.11.2
朝鮮・韓国の詩人,随筆家。本名,キョジュン (教重) 。 13歳で日本に渡り,以後 30数年滞日。この間,一時帰国して児童教育機関の経営や少年の啓蒙活動にも従事。早い時期から日本への朝鮮文学の紹介にも尽力し,朝鮮語の『朝鮮口伝民謡集』 (1933) とその抄訳『朝鮮民謡選』 (33) を東京で刊行,その流麗な翻訳で知られる。また卓抜な日本語力を駆使して多くの随筆も書き,随筆,翻訳を通じて相互理解のために貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キム・ソウン(金素雲)の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ話劇銀行法座散乱木遺跡複成片麻岩内褶曲新派劇片岡仁左衛門名古屋(市)亜蘭知子電子制御式4速AT

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone