コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金素雲 きんそうん

10件 の用語解説(金素雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金素雲
きんそうん

「キム・ソウン (金素雲)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キム‐ソウン【金素雲】

[1907~1981]朝鮮の詩人・随筆家。釜山(プサン)生まれ。筆名、鉄甚平(てつじんぺい)。1920年に渡日し、「朝鮮民謡選」「朝鮮童謡選」等を刊行。戦後、帰国して「現代韓国文学選集」を編纂(へんさん)した。ほかの著に「三韓昔がたり」、自伝「天の涯に生くるとも」など。きんそうん。

きん‐そうん【金素雲】

キム=ソウン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金素雲【きんそうん】

朝鮮の詩人,翻訳家,随筆家。13歳で日本に渡り34年間にわたって滞在した知日家として知られる。《諺文朝鮮口伝民謡集》(1933年)は新聞の読者投稿による民謡を原文のまま日本で出版したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金素雲 きん-そうん

キム-ソウン

金素雲 キム-ソウン

1908-1981 韓国の詩人。
隆煕2年1月5日生まれ。1920年(大正9)来日。北原白秋にみとめられ,母国の民謡や童謡,歴史などを紹介する。第二次大戦終結直前に帰国,1952年再来日したおりの発言がもとで帰国をはばまれるが1965年帰国,日韓の文化交流につくした。1981年11月2日死去。74歳。釜山出身。開成中学中退。編著に「諺文(オンモン)朝鮮口伝民謡集」「朝鮮詩集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きんそうん【金素雲 Kim So‐un】

1907‐81
朝鮮の詩人,随筆家。釜山生れ。13歳で渡日。苦学の後,北原白秋らの知遇を得て《朝鮮民謡集》(1929)を手始めに朝鮮口伝の童謡・民謡の採集と翻訳,現代詩の紹介を行った。《諺文朝鮮口伝民謡集》(1933)は,現在韓国でも方言研究の貴重な資料となっている。本書をもとに岩波文庫から《朝鮮民謡選》《朝鮮童謡選》を刊行。解放直前に帰国。1952年ベネチアでの国際芸術家会議出席の途中,日本に立ち寄った際の発言がもとで韓国政府により帰国の途を閉ざされ滞日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

キムソウン【金素雲】

1907~1981) 朝鮮の詩人・随筆家。釜山生まれ。1920年(大正9)来日。口頭伝承を採集・翻訳し、「朝鮮民謡選」「朝鮮童謡選」を刊行。戦後、帰国して「現代韓国文学選集」を編纂。きんそうん。

きんそうん【金素雲】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金素雲
きんそうん / キムソウン
(1907―1981)

韓国(大韓民国)の詩人、随筆家。釜山(ふざん/プサン)生まれ。13歳で渡日、苦学する。北原白秋に認められて1929年『朝鮮民謡集』(泰文館)を出したのを手始めに、朝鮮口伝童謡・民謡の採集と翻訳、現代詩の紹介を行った。土田杏村(きょうそん)の尽力で33年『諺文(おんもん)朝鮮口伝民謡集』(第一書房)を刊行、同じ年に本書の歌詞番号による抄訳『朝鮮童謡選』『朝鮮民謡選』が岩波文庫に加えられた。40年に訳詩集『乳色の雲』(河出書房)を刊行。42~43年、鉄甚平の名も使用。45年2月に帰国。52年ベネチア国際芸術家会議に出席の途中、日本に立ち寄った際の発言がもとで韓国政府により帰国の途を閉ざされ滞日。65年の帰国後『現代韓国文学選集』全5巻、『韓国美術全集』全15巻などの日本語訳、『韓日辞典』『金素雲随筆選集』全5巻などの編纂(へんさん)、刊行がある。朝鮮文化と伝統の美を日本人に知らせることに生涯を捧(ささ)げた。[任 展 慧]
『『金素雲エッセイ選』(1981・サイマル出版会) ▽金素雲著『天の涯に生くるとも』(1983・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金素雲の関連キーワード阪口五峰金素月対馬焼鄭芝溶北朝鮮の鉱物資源許南麒伊達得夫平山意春沈薫李相和

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金素雲の関連情報