コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャラコ calico

翻訳|calico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャラコ
calico

金巾 (かなきん) ともいう。経糸緯糸が 20~50番程度の綿糸 (または 20番以上のスパンレーヨン糸) の平織物。ヨーロッパでは 17世紀以降インドより各種の木綿織物を輸入し,これを一般にキャリコと呼んだ。名称はこの貿易の主要港の町名 Calicutに由来する。イギリスでは模様のない白無地物を,アメリカではモスリンより粗いプリント綿織物をいう。用途はパンツ,エプロンシーツ夜具,着物裏,カーテン足袋地など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キャラコ(calico)

糊(のり)づけし、つや出ししたカナキン。子供服・足袋などに使用。キャリコ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キャラコ

平織の綿織物の一種。金巾(かなきん)に似ているが組織が密で,ふつう漂白して強いのりをつけ堅い仕上げをする。白のほかに無地染やプリントなどもある。インド更紗はこの布を染めたもの。
→関連項目カリカットキャラコ禁止法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

キャラコ

カリカット(Calicut)▼インド南部のケララ州の海港。バスコ・ダ・ガマが喜望峰を迂回して到達した地として知られ、一五一一年にはポルトガルが貿易基地を建設した。その後、ゴアに次ぐ海港となり、一六一六年に英国が交易所を建設したが、その領有を巡ってフランス、オランダと争った歴史がある。カリカットという地名そのものも、薄くてつやがある目のつんだ白い木綿地「キャラコ」の生産地としてすでに知られていたことに由来する。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャラコ

平織綿織物の一種。キャリコcalicoの俗称。インドで初めて生産され集産地のカリカットCalicutから輸出されたので,この名がある。インド更紗(さらさ)はこのキャラコに捺染(なつせん)したものである。イギリスでは白綿布をキャラコといい,アメリカでは一般の綿布とか捺染した綿布を広義にキャラコと呼んでいる。日本ではイギリスから最初に輸入されたキャラコが漂白品であったので,キャラコすなわち漂白品となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キャラコ【calico】

緻密に織った薄地平織り綿布。カナキンと同じ地質のものをかたく糊のりづけしてつや出し加工をしたもの。キャリコ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャラコ
きゃらこ
calico英語
Kalikoドイツ語

正確にはキャリコとよび、もとインドのカリカット(コジコーデ)地方から輸出された綿織物であったが、現在では一般に経糸(たていと)に30番、緯糸(よこいと)に36番の綿糸を使って平織にした金巾(かなきん)(キャラコ)類をさしている。漂白、染色、捺染(なっせん)加工などを施して、衣料用として広く使用されてきたが、高級化の傾向からポプリン級の生地(きじ)に移行する傾向が強い。なおハンカチーフ、足袋(たび)地、エプロン、婦人・子供服などや、広幅のものはシーツ地に使われるものが多い。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キャラコの関連キーワードケアリー(John Cary)マンチェスター(イギリス)カールシュタットブラックバーンパンクハーストラジークイーンアークライトキャリコ岩久生 十蘭内藤由美子産業革命ケアリー久生十蘭すててこガス金巾コブデンスラト更紗紙割烹着地質

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャラコの関連情報