コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュビット qubit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュビット
cubit

古代から中世にかけ多くの民族が使用した,長さの単位。前3000年頃のエジプトで使われ始め,その後世界各地に広まったと考えられる。1キュビットはおおむね 450mmほどの長さとされていたが,530mm程度に定めていた文化もあった。この長さは肘から中指の先までの長さに由来し,1キュビットは 6パーム(手のひらの幅),あるいは 2スパン(手を広げたときの,親指の先と小指の先の間の長さ)とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キュビットの関連キーワードキュービット