コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト教禁制 キリストきょうきんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教禁制
キリストきょうきんせい

豊臣秀吉江戸幕府が行なったキリスト教禁教令。天文18(1549)年にフランシスコ・ザビエルにより伝えられて以降,キリスト教は西日本から全国に浸透していったが,同時にその人格主張と自由の追求という教義,教会領の設定などが,秀吉が集権的封建制を樹立する妨げとなった。そのため天正15(1587)年,秀吉は九州征伐の帰途でバテレン追放令を発し,慶長1(1596)年のサン・フェリペ号事件ののち,バテレンや信徒計 26人を処刑した(→二十六聖人)。江戸幕府もその方針を受け継ぎ,同 17年天領に,同 18年全国に禁教令を施行した。元和8(1622)年の木村セバスチアンらの元和大殉教,また寛永14(1637)年に起こった島原の乱以後,禁教はさらに厳しさを増し,絵踏み宗門改,寺請制度(→宗旨手形)などによってキリシタンの絶滅がはかられた。一部信者は隠れキリシタンとして,1873年に信仰が自由化されるまで命脈を保った。(→キリシタン鎖国

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キリスト教禁制の関連キーワードモラレス(Francisco de Morales)バラ(James Hamilton Ballagh)モリソン(Robert Morrison)プロテスタント教会オランダ風説書海外渡航禁止令転びキリシタン天正遣欧使節和英語林集成ウィリアムズ金地院崇伝マリア観音セミナリオ徳川家光トムソン南蛮美術宗門改帳後藤寿庵井上政重ソテロ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android