コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト教禁制 キリストきょうきんせい

1件 の用語解説(キリスト教禁制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教禁制
キリストきょうきんせい

豊臣秀吉と江戸幕府が行なったキリスト教禁教令。天文 18 (1549) 年 F.ザビエルによる導入以来キリスト教は西日本から全国的に浸透していったが,同時にその人格主張と自由の追求という教義,教会領の設定などが集権的封建制の樹立にとって妨げとなったため,天正 15 (87) 年,秀吉は九州征伐の帰途,バテレン追放令を出し禁制への一歩を進め,慶長1 (96) 年サン・フェリペ号事件に際してはバテレン,信徒 26名を処刑した (→二十六聖人 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キリスト教禁制の関連キーワード長崎奉行絵踏みキリスト教会豊臣マラーノ耶蘇行ったきり雀キリスト教徒ムラカキリスト教会潜伏キリシタン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キリスト教禁制の関連情報