コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗旨手形 しゅうしてがた

4件 の用語解説(宗旨手形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗旨手形
しゅうしてがた

寺請 (てらうけ) 証文ともいう。江戸時代キリシタン取締りのため寺院が改宗者に対してその寺院の檀家であることを証明するために発行した証明書。のちには庶民が旅行したり雇われたりする際,寺院が発行する一種の身分証明書となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうしてがた【宗旨手形】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗旨手形
しゅうしてがた

寺請(てらうけ)証文、寺送状、寺請状、寺請手形などとも称される。江戸時代に寺院が発行した檀家(だんか)の宗旨・檀那寺(だんなでら)を証明する文書。江戸初期、キリシタン禁圧の目的で始まり、当初は改宗者の証明であったが、のち一般化し、婚姻、移住、旅行、奉公人の雇い入れなどの際に身分証明書として発行された。書式も初めは一定しなかったが、宗旨人別帳制度が成立した以後は、住所・屋号・名前を記し「当寺旦那(だんな)に紛れござなく候」という証明と、相違があったときは責任をとる旨の文言を加える様式になった。奉公先の町・村役人や婚家の檀那寺に宛(あ)てられた。[大桑 斉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone