コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キレニア キレニア Kyrenia

3件 の用語解説(キレニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キレニア
キレニア
Kyrenia

ギリシア語でキリニア Kirínia,トルコ語ギルネ Girne。キプロス島の北海岸中央の都市。「北キプロストルコ共和国」領。ニコシアの北約 40kmに位置する。古代ギリシアの植民地として創設され,ビザンチン時代に城塞化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キレニア(Kyrenia)

キプロス北部、地中海に面する港町。トルコ語名ギルネ、ギリシャ語ケリニアフェニキア時代より商港があり、古代ローマ時代には海上交易の要衝として栄えた。東ローマ帝国時代に築かれたキレニア城ベッラパイス修道院などの歴史的建造物が残っている。現在はキプロス有数の海岸保養地として知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キレニア
きれにあ
Kyrenia

キプロスの北部海岸にある港町。ケリニアKrynia、ギルネGirneともよばれる。人口1万8600(2002推計)。地方行政の中心で、美しい風景や海水浴場に恵まれ、観光・保養地としても優れている。馬蹄(ばてい)形の港の入り江の傍らに、ビザンティン帝国時代からベネチア時代にかけて重要であった砦(とりで)が、ほぼ完全な姿で残されている。1974年のキプロス紛争以後トルコ系住民の支配下にあり、トルコ本土との間に船便もある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キレニアの関連キーワード北キプロスキプロス島南キプロスギルネマゴサアラメインナドールキプロス問題キプロスの分断問題北部キプロス・トルコ共和国

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone