キレーション(英語表記)chelation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キレーション
chelation

キレート化ともいう。金属イオンキレート試薬と反応して金属キレート化合物を生じる反応の総称。キレーションにより,遊離の金属イオンの濃度は著しく減少するので,この反応は多くの分析化学における定量法の基礎となるほか,工業的には金属イオンによる工業製品の分解,酸敗などの防止,医学的にはカドミウム,水銀などによる中毒の処置に広く利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

キレーション

有機物起源の環状構造の中に鉄が保持されていることで,キレート剤(chelating agents)は植物によって鉱物から鉄分を抽出し,風化作用の速度を促進するのに役に立っている.キレート剤の中には分解した植物物質が多く,物質の移動が速くなる原因となり,土壌のポドゾル化作用を速くする[Ollier : 1969, Birkeland : 1974].生物や有機体によって起こされる化学風化を,特にキレーションということがある.キレート(chelate)はキレート化合物(chelate compound)ともいい,キレート環をもつ錯体の総称である.キレート環とは1個の分子またはイオンのもつ2個以上の配位原子が金属原子(イオン)を挟むように配位してできた環構造をいう[長倉ほか : 1998].ギリシャ語のcheleは蟹のはさみに由来する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android