キングストンアポンテムズ(英語表記)Kingston upon Thames

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングストンアポンテムズ
Kingston upon Thames

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。外部ロンドンに属する区で,グレーターロンドンの西南部,テムズ川右岸に位置する。テムズ川の渡河点として早くから集落ができ,アングロ・サクソン七王国の王はキングストン戴冠式を行なった。おもに住宅地であるが,大規模なショッピングセンターがあり,軽工業も行なわれる。1965年まではサリー県に属し,今日でも県庁舎がある。面積 38km2人口 14万7273(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キングストン‐アポン‐テムズ

(Kingston upon Thames) イギリス、ロンドン南西部の、テムズ川に沿う住宅・工業都市。一〇世紀頃アングロサクソン王の戴冠式が行なわれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android