コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キングストンアポンテムズ Kingston upon Thames

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キングストンアポンテムズ
Kingston upon Thames

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。外部ロンドンに属する区で,グレーターロンドンの西南部,テムズ川右岸に位置する。テムズ川の渡河点として早くから集落ができ,アングロ・サクソン七王国の王はキングストン戴冠式を行なった。おもに住宅地であるが,大規模なショッピングセンターがあり,軽工業も行なわれる。1965年まではサリー県に属し,今日でも県庁舎がある。面積 38km2。人口 14万7273(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キングストンアポンテムズの関連キーワードハウンスフィールドアウターロンドンマイブリッジマートン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android