コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンランチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンランチョウ

オオキンランチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンランチョウ
きんらんちょう / 金襴鳥
red bishop
[学]Euplectes orix

鳥綱スズメ目ハタオリドリ科の鳥。同科キンランチョウ属17種中の1種。全長12センチメートル。繁殖期の雄は頸部(けいぶ)と腰に赤黄色の美しい飾り羽を生じるが、老鳥ほどその色が濃くなる。その飾り羽が金襴緞子(きんらんどんす)を連想させるのでこの名がある。頭部、腹の上部、体側は黒色。雌と非繁殖期の雄はじみな淡褐色である。セネガル、スーダン以南のアフリカ一帯に分布し、草本の種子、漿果(しょうか)のほか、小動物なども捕食する。5亜種に分類されているが、普通、キンランチョウとよばれるのはセネガル、ソマリア、スーダン、エチオピア、ケニアに生息する亜種をさす。元気な鳥であるから禽舎(きんしゃ)で飼うのもよいが、日本への輸入は多くはない。繁殖期の雄の赤黄色がさらに濃く、鮮やかな紅褐色を呈するオオキンランチョウは同種で、アンゴラ、ナミビア、ローデシア地方、南アフリカ共和国などに生息する亜種である。これも日本への輸入は少ない。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キンランチョウの関連キーワードコクホウジャクオウゴンチョウ機織鳥坂根

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android