コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キートン Keaton, Buster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キートン
Keaton, Buster

[生]1895.10.4. カンザス,ピクア
[没]1966.2.1. カリフォルニア,ウッドランドヒルズ
アメリカの喜劇俳優。本名 Joseph Francis Keaton。幼時から寄席に出演。 1917年からロスコー・アーバックルの喜劇映画に出演後,笑わない喜劇俳優としておもに無声時代に活躍した。主演作品『恋愛三代記』 (1923) ,『忍術キートン』 (1924) ,『キートン将軍』 (1927) など。『ライムライト』 (1952) では C.チャップリンと共演した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キートン(Buster Keaton)

[1895~1966]米国の喜劇映画俳優。無声映画時代に、決して笑顔を見せない芸とからだを使ったギャグで人気を集めた。代表作「恋愛三代記」「探偵学入門」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キートン

米国の映画俳優。本名ジョゼフ・フランシス・キートン。1917年映画界入り以来,アクロバット的なアクションと絶対に笑わぬとぼけた表情で人気を呼び,サイレント映画の大喜劇俳優となる。
→関連項目ロイド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

タレントデータバンクの解説

キートン


芸名
キートン

性別
男性

生年月日
1973/07/11

星座
かに座

干支
丑年

血液型
A

出身地
東京都

身長
161cm

体重
58kg

ブログタイトル
増谷キートン 助平日記

ブログURL
http://blogs.yahoo.co.jp/keaton_blog

職種
お笑い

好きなスポーツ
水泳

趣味・特技
水泳/トレーニング/聖飢魔Ⅱものまね/利き缶コーヒー

プロフィール
1973年生まれ、東京都出身のお笑い芸人。お笑いユニット『キュートン』としても活動している。趣味・特技は水泳、トレーニング、聖飢魔Ⅱものまね、利き缶コーヒーなど。主な出演作は、TBS『あらびき団』、フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』、日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』などがあり、お笑いライブ『世界キワモノ演芸』では2004年、2006年、2007年と優勝を飾っている。

代表作品
バラエティー『あらびき団』 / バラエティー『とんねるずのみなさんのおかげでした』 / バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キートン【Buster Keaton】

1895‐1966
〈笑わぬ喜劇王〉として知られたアメリカのサイレント喜劇のスター。カンザス州生れ。3歳のときから旅回りのボードビル芸人の両親とともに舞台に立つ。赤ん坊のときに階段から落ちてもけが一つしなかったのを,一座の芸人でのちに世紀の魔術師として名をなすハリー・フーディーニが見て〈バスター(やったぜ)!〉と叫んだのが,そのまま芸名になったといわれる。本名はジョゼフ・フランシス・キートン。コメディアンのでぶ君ことロスコー“ファッティ”アーバックル(1887‐1933)の相棒(助演,共同監督,ギャグマン)として,1917年から19年にかけて《デブ君の女装》を手始めに14本の短編を撮り,20年,プロデューサーのジョゼフ・スケンク(1878‐1961)の下でキートン・プロダクションを設立,22年までに《文化生活一週間(マイホーム)》《案山子(スケアクロウ)》《化物屋敷》《警官騒動》等々,スラプスティックの頂点に列せられる19本の短編を自作自演で撮る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キートン【Buster Keaton】

1895~1966) アメリカの喜劇映画俳優。無声映画時代に「恋愛三代記」「将軍」「蒸気船」などで、アクロバティックで乾質な笑いを見せた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キートン
きーとん
Buster Keaton
(1895―1966)

アメリカの映画俳優。本名はJoseph Francis Keaton。カンザス州生まれ。ボードビルの芸人であった両親のもとで幼くして舞台に立ち、アクロバットに才能をみせた。1917年映画界に入り、ロスコー・アーバックルの喜劇に助演したのち、20年から自作自演の作品をつくり始める。『恋愛三代記』(1923)、『探偵学入門』『海底王キートン』(1924)、『セブン・チャンス』(1925)、『キートンの機関車』(1926)など、アクロバットを基本にしたスペクタクルに富むスラプスティック喜劇の傑作を送り出した。何が起こっても顔色ひとつ変えない無表情を特徴とし、チャップリン、ロイドと並ぶ三大喜劇王であった。トーキー以後は振るわず、チャップリンの『ライムライト』(1952)などにわずかに顔を出しているにすぎない。彼のサイレント喜劇は、周囲のものとの闘いであり、物に翻弄(ほんろう)されるなかで世界の秩序が完全に別の様相を帯びてみえてくるところに真価があり、没後、世界的に再評価されている。[出口丈人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキートンの言及

【イントレランス】より

…アメリカでは22週興行が続いたものの,それはグリフィスの前作《国民の創生》(1915)の44週の半分で,《国民の創生》の大ヒットによる収益をすべて注ぎこんだグリフィスは破産,19年に撮り足し分を加えて再編集した現代アメリカ編および古代バビロニア編の2編を独立作品として配給し,借金の返済に当てようとしたといわれるが,結局,その後ずっと膨大な負債をかかえこんだまま一生を終えた。なお,この映画の副題は〈いろいろな時代の愛の闘争〉で,バスター・キートンの《滑稽恋愛三代記》(1923。リバイバル公開時の邦題は《キートンの恋愛三代記》)はそのパロディとして知られる。…

【喜劇映画】より

…チャップリンは,エッサネイ,ミューチュアルと,より好条件の撮影所へ移りながら,自作自演の2巻物を撮り続け,《チャップリンの失恋》(1915)で創造した放浪者のキャラクターを生かし,どたばた喜劇の中に,ドラマ性とペーソスを盛りこむ方向へ歩み始める。当時チャップリンと人気を競ったハロルド・ロイド,バスター・キートンも,その〈個性〉においてはチャップリンにひけをとらない存在だった。ロイドの都会的な明朗さ,シャイな好青年ぶりとクライマックスで一気に噴出する行動力の鮮やかな対照,高層ビルの壁面をよじ登るそのアクロバット的な芸は,〈ロイド眼鏡〉とともに,彼のトレードマークとなった。…

【散り行く花】より

… 薄幸のヒロインを演じたリリアン・ギッシュは,1912年にグリフィス作品《見えざる敵》でデビュー以来,いわばグリフィスの子飼いのスターであったが,この映画で初めて対等の協力者として自分の解釈に基づく演技を許されたという。不幸な境遇のため笑顔を忘れたヒロインが,父親に〈笑え!〉と脅かされて指で唇に微笑のかたちをつくるシーンは,悲哀にみちた名場面として知られるが,〈笑わぬ喜劇王〉としてその無表情ぶりで有名なバスター・キートンは,《キートン西部成金》(1925)でそのパロディを演じた。36年にイギリスでリメークされる際,グリフィスは製作監修者として招かれたが撮影開始前に辞任している。…

【道化】より

…すなわち,メイエルホリドの演劇,ストラビンスキーとロシア・バレエ団(バレエ・リュッス),ピカソやルオーの絵画などである。 第1次大戦後に現れた新しい道化としては,チャップリンやキートンなど無声映画の喜劇俳優をあげなければならない。道化の古来の武器の一つであった身体言語が,新しいメディアによってめざましくよみがえったのである。…

※「キートン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キートンの関連キーワードバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)ゴッドファーザー パートIIIスポットライト 世紀のスクープゴッドファーザー パートIIダナ ウィラー・ニコルソンマンハッタン殺人ミステリーローマで起った奇妙な出来事キートンのセブン・チャンスリトル・ドラマー・ガールバットマン・リターンズエリザベス ベリッジキートンのマイホームピーター クッシングキートンのカメラマンキートンの大列車追跡キートンの探偵学入門キートンの大列車強盗キートンの警官騒動マイクル キートンビートルジュース

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キートンの関連情報