コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーロフスク Kirovsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キーロフスク
Kirovsk

ウクライナ最東部,ルガンスク州の都市。州都ルガンスクの西約 50km,ドネツ川支流ルガン川にのぞむ。ドンバス (ドネツ炭田) の炭鉱都市で,選鉱工場がある。人口約4万 5000。

キーロフスク
Kirovsk

1934年までヒビノゴルスク Khibinogorsk。ロシア北西部,ムルマンスク州の都市。州都ムルマンスクの南約 150km,コラ半島中部,ヒビヌイ山地南麓にある鉱業都市。 1929年地元のリン灰石,霞石の鉱床の開発が始ってから発展,31年市となった。選鉱工場,木材加工コンビナートが立地。鉱山博物館,キーロフ博物館などがある。ムルマンスクとペトロザボーツクを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線が通じる。人口4万 9400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キーロフスク
きーろふすく
Кировск Kirovsk

ロシア連邦北西部、ムルマンスク州にある鉱業都市。コラ半島のヒビニ山地南麓(なんろく)、ボリショイ・ブディヤフル湖岸に位置する。人口3万1400(2003推計)。1929年に付近の燐灰(りんかい)石、霞(かすみ)石の採掘が始められ、それ以降発展した。家具製造工業が行われるほか、極地やアルプスの植物を収集する世界で最北の植物園がある。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キーロフスクの関連キーワードスベトラーナ ジュロワ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android