コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョレメ国立公園 ギョレメこくりつこうえんGöreme National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギョレメ国立公園
ギョレメこくりつこうえん
Göreme National Park

トルコ,アナトリア高原中央部,カッパドキアギョレメ渓谷を中心とする国立公園。面積 96km2。 1986年指定。カッパドキアは火山灰が堆積した凝灰岩層が長い年月の間に雨水や湧水の浸食作用によって,キノコや尖塔の形に削られた奇岩で知られ,古くから交易の要衝として栄えた。ローマ帝国によるキリスト教弾圧が激しくなった4世紀初め,難を逃れたキリスト教徒がこの地に移住し,岩山をうがって洞窟修道院などを建設した。その後,イスラムの進入により移住は加速し,ギョレメ渓谷はキリスト教徒にとって重要拠点となり,10世紀までに 360もの聖堂や修道院が建造されたといわれる。それらの内部を飾った壁画のうち,主として9~13世紀に描かれた素朴な画風のものが現存する。 1985年世界遺産の文化遺産と自然遺産の複合遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ギョレメ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ギョレメ国立公園】

Göreme Milli Parklar》トルコ中央部、カッパドキア地方にある国立公園。主な町はギョレメ。4世紀頃までに迫害から逃れた初期キリスト教徒が移住。凝灰岩が浸食を受けてできた奇岩が連なり、それらを掘り抜いて造られた住居、教会、修道院が多数点在する。1985年に「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」の名称で世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ギョレメ国立公園の関連キーワードギョレメ野外博物館ネブシェヒルユルギュップ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギョレメ国立公園の関連情報