コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンラン(銀蘭) ギンランCephalanthera erecta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンラン(銀蘭)
ギンラン
Cephalanthera erecta

ラン科の多年草。北海道から九州まで広く分布し,コナラなどの雑木林に生じる。高さ 15~20cmでは細く,その上部に卵状楕円形で鋭頭の葉が2~3枚つく。葉の基部は茎を軽く抱いている。4~5月頃,茎頂に3~4個の白色小花総状につける。花はふっくらと丸く,全開しない。キンランに似て白色のところからこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギンラン(銀蘭)【ギンラン】

本州〜九州,東アジアに分布し,低山の疎林下や林縁にはえるラン科の多年草。茎は高さ20〜40cm,3〜6枚の狭長楕円形の葉をつける。晩春,茎頂に花穂を出し,数花をつける。
→関連項目キンラン(金蘭)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ギンラン(銀蘭)の関連キーワード金蘭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android