コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンラン(銀蘭) ギンラン Cephalanthera erecta

2件 の用語解説(ギンラン(銀蘭)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンラン(銀蘭)
ギンラン
Cephalanthera erecta

ラン科の多年草北海道から九州まで広く分布し,コナラなどの雑木林に生じる。高さ 15~20cmで茎は細く,その上部に卵状楕円形で鋭頭の葉が2~3枚つく。葉の基部は茎を軽く抱いている。4~5月頃,茎頂に3~4個の白色の小花を総状につける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギンラン(銀蘭)【ギンラン】

本州〜九州,東アジアに分布し,低山の疎林下や林縁にはえるラン科の多年草。茎は高さ20〜40cm,3〜6枚の狭長楕円形の葉をつける。晩春,茎頂に花穂を出し,数花をつける。
→関連項目キンラン(金蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ギンラン(銀蘭)の関連キーワードアカバナ(赤花)キジムシロ(雉蓆)フキ(蕗)ヤナギラン(柳蘭)森薊クサフジシモツケソウノギランヤマブキショウマエフエペ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone