クキセンチュウ(茎線虫)(読み)クキセンチュウ(英語表記)stem nematode

世界大百科事典 第2版の解説

クキセンチュウ【クキセンチュウ(茎線虫) stem nematode】

植物の芽,,球茎などに寄生するティレンクス科Ditylenchus属のセンチュウの総称チューリップスイセンアイリスなどの球根生産地でとくに問題になる。全長0.6mm前後,糸状で雌雄同形,幼虫,成虫ともに感染力をもっている。鱗片組織に侵入し,移動しながら発育する。雌成虫は約200個の卵を組織内に産み,孵化(ふか)幼虫はそのまま寄生生活を繰り返す。被害球茎を輪切りにすると,鱗片に沿ってリング状に褐変している場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android