コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサフグ Takifugu niphobles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサフグ
Takifugu niphobles

フグ目フグ科の海水魚。全長 15cm内外。背面は青緑色で,多数の小白色点がある。腹面は白い。胸鰭の後方および背鰭基底には黒色斑がある。産卵期(初夏)には大群をなして海岸へ集まり,潮間帯小石の間に産卵する。沿岸,内湾に最も普通に見られるフグで,北海道を除く日本沿岸,東シナ海からベトナムに分布する。肝臓,卵巣,腸は猛毒,皮膚は強毒,筋肉と精巣弱毒

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クサフグ【grass puffer】

フグ目フグ科の海産魚(イラスト)。青森県以南,沖縄,朝鮮半島南部に分布する。各地沿岸にもっともふつうに見られるフグで,体の背面は灰青緑色の地に多数の淡黄色斑点が散在し,腹面は白い。胸びれの後方と背びれ基部に黒い斑紋がある。背,腹両面に棘鱗(きよくりん)がある。全長25cm。海底の砂に潜る習性があり,ときには淡水域に入ることもある。産卵期は5~6月で,大潮の前後の満潮時に,岩礁性の海岸のなぎさに群れをなして集まり,乱舞するようにして砂れきの間に放卵,放精を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサフグ
くさふぐ / 草河豚
[学]Takifugu niphobles

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。青森県以南の各地、および黄海、東シナ海の沿岸に分布する。全長25センチメートルに達し、体の背面と腹面に小棘(しょうきょく)が散在する。体の背側は灰青緑色で多数の小白色円点が散在し、腹側は白い。産卵期は5~7月で、大潮の前後の数日間、満潮時に大群をなして岩礁性の海岸の小石の間に産卵する。卵巣、肝臓、腸に猛毒があり、皮膚に強毒、肉と精巣に弱毒がある。砂に潜る習性があり、河川にも入る。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクサフグの言及

【月周リズム】より

…砂中に産まれた卵は次の大潮時に孵化(ふか)して再び海へ帰る。日本産のクサフグも5月から8月の新月や満月後の数日間に沿岸の産卵場に多数集まり産卵する。このほか,月の位相と関連した生殖現象は,サンゴ,ウニ,イタヤガイなど多くの海産動物をはじめ,海産の藻類にも知られている。…

※「クサフグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クサフグの関連キーワードシッポウフグフグ(河豚)ヒガンフグオゴノリ赤目河豚フグ類雀河豚毒魚

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クサフグの関連情報