コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クジメ Hexagrammos agrammus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クジメ
Hexagrammos agrammus

カサゴ目アイナメ科。体長約 30cmになる。体はやや長く,側扁する。尾鰭後縁は丸い。他のアイナメ類と異なり,側線は1本あるのみ (アイナメでは5本) 。背鰭の棘条部と軟条部の境界は切込む。体色は変異に富むが,普通は暗褐色で,淡色の丸い斑紋が散在する。北海道南部から長崎県を経て黄海まで分布する。南日本の沿岸の藻場で普通にみられる。産卵期は 11月~1月で,雄は海藻の茎などに産みつけられた卵塊を保護する。釣りや刺網などで漁獲される。煮つけ照焼きなどにされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クジメ

アイナメ科の魚。地方名アブラッコ,アブラメなど。全長25cm。アイナメによく似るが,色はやや黒く,側線は1本だけ。函館以南の日本各地の沿岸および黄海に分布し,海藻の間などにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クジメ【Hexagrammos agrammus】

カサゴ目アイナメ科の海産魚(イラスト)。北海道南部以南の日本各地沿岸および黄海に分布するが,とくに南日本に多い。アイナメ(イラスト)やホッケ(イラスト)とよく似るが,両種が4本以上の側線をもつのに対し,クジメには1本の側線しかなく,また尾びれの後縁がまるく,後頭部に1暗色斑があるので区別は容易である。しかし,漁業上は区別されずにアイナメとして扱われることが多い。体色は生息環境によって変化するが,ふつうは暗褐色の地に淡色の小円斑点が多数存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クジメ
くじめ / 久慈目
spottybelly greenling
[学]Hexagrammos agrammus

硬骨魚綱スズキ目アイナメ科に属する海水魚。北海道南部から九州までの各地の沿岸域、朝鮮半島南部および黄海に分布し、とくに南日本に多い。一見アイナメに似ているため、それと混同されているが、クジメは側線が1本(アイナメは5本)で、尾びれの後縁が丸く、後頭部に暗色斑(はん)が一つあるので、容易に区別できる。眼の上と後頭部に皮弁がある。体色は生息場所によって著しく変化するが、普通、暗褐色の地に淡色の小円斑紋が密に散在する。沿岸の岩礁や藻場(もば)に生活し、晩秋に海藻の間に卵塊を産み付ける。雄が卵を保護する。体長30センチメートルぐらいになる。近縁種にはアイナメのほかにスジアイナメ、ウサギアイナメなどがあるが、いずれも北日本に多い。釣り、刺網などで捕れる。煮つけ、刺身などにされるが、味はアイナメより劣る。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クジメの関連キーワード生活形バルサ火の竜アオギリ(青桐∥梧桐)オイルフェンスザミアスプレケリア雑巾タシロイモトダシバ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クジメの関連情報