クチナシグサ

百科事典マイペディアの解説

クチナシグサ

ゴマノハグサ科の二年草。本州〜九州の林下にはえる半寄生植物で,根ぎわから数本の茎が立ち,高さ20〜30cmになる。下部の葉は鱗片状,上部の葉は線形。4〜5月,葉腋に長さ2cm内外の淡紅色の唇形(しんけい)花をつける。名はに包まれた果実の形がクチナシの実に似ることから。また赤い若葉の色から,カガリビソウの名もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クチナシグサ【Monochasma sheareri (Moore) Maxim.】

低地のやや乾いた落葉樹林下に生えるゴマノハグサ科の半寄生の越年草(イラスト)。果実の大きな萼片は,クチナシの果実を思わせる。茎は細く,根ぎわで分岐して地に伏し,長さ15~60cm。葉は対生し,線状へら形で毛が散生する。春,上部の葉のわきに1花をつける。花は白く淡紅紫を帯び,唇形で長さ1cm。果実は大きな萼に包まれ,萼裂片は大きく線形で,反りかえる。春の芽出しの若葉は赤色で目立ち,カガリビソウの名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチナシグサ
くちなしぐさ / 梔子草
[学]Monochasma sheareri (Moore) Maxim.

ゴマノハグサ科の半寄生の越年草。茎は根際で分枝して広がり、長さ15~60センチメートル。葉は線形またはへら形。春、上部の葉のわきごとに1花をつける。花冠は唇形で淡紅紫色。(さくか)は卵形で大きな萼(がく)に包まれる。低地の落葉樹林下に生え、関東地方以西の本州、四国、九州、さらに中国中部にも分布する。名は、果実の形がクチナシの実に似るのでいう。また若芽が赤色なのでカガリビソウの名もある。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android