クナッパーツブッシュ(読み)くなっぱーつぶっしゅ(英語表記)Hans Knappertsbusch

日本大百科全書(ニッポニカ)「クナッパーツブッシュ」の解説

クナッパーツブッシュ
くなっぱーつぶっしゅ
Hans Knappertsbusch
(1888―1965)

ドイツの指揮者。20世紀前半を代表する大家の一人。エルバーフェルトに生まれ、ボン大学で哲学を、ケルン音楽院で指揮法を修める。バイロイト音楽祭でハンス・リヒター助手をつとめたのち、ドイツ各地で指揮者としての経験を積み、1922年バイエルン国立歌劇場音楽監督に就任。35年ナチスに追われてその地位を失い、翌36年ウィーン国立歌劇場とウィーン・フィルハーモニーの指揮者となった。ナチス没落後の45年、バイエルン国立歌劇場に音楽総監督として復帰。51年からはバイロイト音楽祭にも登場し、53年にはバイロイト名誉市民に推された。その活動の場がミュンヘン、ウィーン、バイロイトに限られていたうえ、レパートリーもベートーベン、ブルックナー、ブラームス、ワーグナー中心の狭いものであったから、大衆的な人気は得られなかったが、作品の本質に根ざした誠実な表現で一時期を画した。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「クナッパーツブッシュ」の解説

クナッパーツブッシュ

ドイツの指揮者。哲学を学ぶかたわらケルン音楽院で指揮法を学び,早くからR.ワーグナー信奉。1909年―1912年バイロイト音楽祭で助手を務め,H.リヒター薫陶を受ける。生地エルバーフェルト,ライプチヒデッサウなどの歌劇場で指揮者を務めたのち,1922年B.ワルター後任としてミュンヘンのバイエルン国立歌劇場の音楽監督に就任。1936年ナチスに追放されてこの地位を失うが1945年に復帰。またウィーン国立歌劇場や,戦後のバイロイト音楽祭で活躍した。ワーグナー,ブルックナーの演奏で名高い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android