クペロン(英語表記)cupferron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クペロン
cupferron

有機試薬。ほとんど無色の結晶。融点 163~164℃。水,アルコールに可溶。酸性またはアンモニア性溶液中で種々の金属キレートをつくって沈殿する。特に三価鉄イオン,チタンジルコニウムの分析試薬として有用である。ジルコニウムの定量 (沈殿を焼き,酸化物として定量) ,鉄とマンガンとの分離,鉄とチタンとをアルミニウムとマンガンとから分離するのによく利用される。またこれら金属キレートは有機溶媒によく溶けるので,クロロホルムなどによる溶媒抽出が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android