コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クペロン cupferron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クペロン
cupferron

有機試薬。ほとんど無色の結晶。融点 163~164℃。水,アルコールに可溶。酸性またはアンモニア性溶液中で種々の金属キレートをつくって沈殿する。特に三価鉄イオン,チタンジルコニウムの分析試薬として有用である。ジルコニウムの定量 (沈殿を焼き,酸化物として定量) ,鉄とマンガンとの分離,鉄とチタンとをアルミニウムとマンガンとから分離するのによく利用される。またこれら金属キレートは有機溶媒によく溶けるので,クロロホルムなどによる溶媒抽出が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android