コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウディングアウト crowding out

デジタル大辞泉の解説

クラウディング‐アウト(crowding out)

押し出すこと。押しのけること。
政府による国債の大量発行が民間の資金調達と競合を起こし、金融市場逼迫(ひっぱく)して金利を上昇させ、民間資金調達が阻害される現象。民間投資の締め出し。「クラウディングアウト効果」
[補説]平成19年度末の、国と地方を合わせた長期債務残高は772兆円になるが、今のところ日本の金利が上昇するようすはない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

クラウディングアウト【crowding out】

〔押し出す意〕
政府が資金需要をまかなうために大量の国債を発行すると、それによって市中の金利が上昇するため、民間の資金需要が抑制されること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

クラウディングアウトの関連キーワード競合国債市中

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android