コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラカウアー Siegfried Kracauer

百科事典マイペディアの解説

クラカウアー

ユダヤ系ドイツ人のジャーナリスト,社会学者。《学問としての社会学》(1922年),ルポ《サラリーマン》(1930年),パリ亡命時代の著作オッフェンバック同時代のパリ》(1937年),米国移住後の著作《カリガリからヒトラーへ》(1947年)など,大衆文化社会の成立を描いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラカウアー【Siegfried Kracauer】

1889‐1966
1920年代ドイツにおいて文明批評を開拓したユダヤ系ドイツ人で,ジャーナリスト,社会学者。《フランクフルト新聞》の学芸欄記者として,アドルノ,ベンヤミンらと近い関係にあり,近代西欧市民文化崩壊と現代大衆文化社会の成立という新しい歴史的現象の分析に先駆的役割を果たした。《学問としての社会学》(1922)においてはその理論的考察を行い,新聞ルポ《サラリーマン》(1930)では大都市のホワイトカラーの実態に焦点を当て,小説《ギンスター》(1928)で当時の青年心理を描くなど,社会の伝記という手法による文明批評の道を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クラカウアー【Siegfried Kracauer】

1889~1966) ドイツ生まれの思想家。アドルノ・ベンヤミンらと交わる。ナチス擡頭たいとう後アメリカに亡命。大衆文化現象の分析にすぐれる。著「サラリーマン」「カリガリからヒトラーへ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラカウアー
くらかうあー
Siegfried Kracauer
(1889―1966)

ドイツ生まれの思想家、文明批評家。哲学、社会学、建築を学んだのち、『フランクフルト』紙学芸欄記者となり、中間層問題、映画など大衆文化現象について、斬新(ざんしん)な文明批評を展開。『サラリーマン』(1929)はその代表作。ナチス政権を逃れ、パリ経由でアメリカに亡命、『オッフェンバック』(1937)、『カリガリからヒトラーまで』(1949)などで、オペレッタ、映画をモチーフに社会思想論をも展開した。[平井 正]
『平井正訳『カリガリからヒットラーまで』(1971・せりか書房) ▽神崎巌訳『サラリーマン――ワイマル共和国の黄昏』(1979・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクラカウアーの言及

【M】より

…主人公が殺意を抱くたびに口笛で吹くグリークのメロディの一節,まったく相互につながりのないショットの連鎖にかぶさる子どもの名を呼ぶ母親の絶望的な声など,ラングのサスペンスの深まりを表現するための創意あふれる音の技巧的処理は比類がない。S.クラカウアーは《M》を分裂した自我の象徴として《プラーグの大学生》(1913,26),《カリガリ博士》(1919)の系譜に位置づけ,病的な衝動に服従する主人公に,当時台頭しつつあったナチズムを迎え入れるドイツ人の内面的なパターンを見いだした。翌年ラングはヒトラーの迫害を逃れてパリに亡命するが,51年,マッカーシイズム旋風の中でJ.ロージーがヨーロッパへの亡命を余儀なくされる直前に,《M》を再映画化しているのは偶然の符合にしても興味深い。…

※「クラカウアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラカウアーの関連キーワードドクトル・マブゼ現象学的社会学平井正(2)メトロポリス三文オペラ嘆きの天使映画理論2月8日最後の人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android