コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラクトン文化 クラクトンぶんかClactonian culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラクトン文化
クラクトンぶんか
Clactonian culture

前期旧石器時代にヨーロッパ大陸を中心に栄えた剥片系の文化。アブビル,アシュール両文化とほぼ平行して存在したと考えられ,この両文化が握斧系の文化であるのに対し,剥片石器を主とした点が特徴とされていた。最近になり,クラクトン文化は握斧系の文化と同一であり,両者を区別すべきではないという考えも提出されているが,まだ定説にはなっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラクトンぶんか【クラクトン文化】

イギリス,エセックス州のクラクトン・オン・シーClacton‐on‐Sea遺跡を標準遺跡とする前期旧石器時代文化。打面が広く,バルブの発達した,打撃角の大きい剝片が特色を示している。それは非常に激しい力が与えられたことを示唆し,おそらく割られる石塊を地上に置かれた石(台石)に打ちつけた剝片剝離法(クラクトン技法)がなされたと考えられる。イギリス,スワンズカムSwanscombe遺跡では,この文化層に40万年前以前の年代が与えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラクトン文化
くらくとんぶんか
Clactonian culture

ヨーロッパ北部にみられる前期旧石器文化。握斧(あくふ)(ハンド・アックス)をもつアブビル文化やアシュール文化に併存していた剥片(はくへん)系の文化と考えられていたが、今日では、独立の文化ではなく、アブビル、アシュール両文化に属する特殊な形の遺跡から発見される石器群である、とする考え方も出ている。ロンドン郊外の遺跡で最初に発見され、命名された。ここからは最古の木器とされる木製の槍(やり)も出土している。[藤本 強]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クラクトン文化の関連キーワードフォンテシュバード人ヨーロッパ考古学ブルイユ藤本

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android