コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラパム クラパムClapham, Sir John Harold

1件 の用語解説(クラパムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラパム
Clapham, Sir John Harold

[生]1873.9.13. ランカシャー
[没]1946.3.29. ケンブリッジ
イギリスの経済史家。宝石商の家に生れ,ケンブリッジ大学を卒業後,学究生活に入り生涯の大半を大学でおくった。 1908年からケンブリッジ大学にフェロー (特別研究員) として奉職。 28~38年同大学初の経済史教授。 A.マーシャルから強い影響を受けたといわれている。彼は経済史を数量的に把握する方法を主張,思想や感情による歴史叙述を排除しようと努めた。また産業革命の評価に関して,従来の A.トインビー流の悲観的見解に反対し,実質賃金の上昇を統計的に示して明るい面を強調,その楽観的評価の先駆的主張者となった。晩年には企業史に関心を示し,大著『イングランド銀行史』 The Bank of England: A History (2巻,1944) を公刊している。その他の著書『近代イギリス経済史』 An Economic History of Modern Britain (3巻,26~38) ,『経済史の研究』 The Study of Economic History,Inaugural Lecture (29) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クラパムの関連キーワード地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允アチェ戦争血税一揆番号

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラパムの関連情報