コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリシュナ川 クリシュナがわKrishna

翻訳|Krishna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリシュナ川
クリシュナがわ
Krishna

旧称キストナ Kistna川。インド南部の川。ウェスタンガーツ山脈北部に発し,上流はマハーラーシュトラ,カルナータカ両州の高原地帯を南東流し,中流でアンドラプラデーシュ州に入り,クルヌールなどの盆地内をゆるやかに流れ,北からのビーマ川,南からのツンガバドラ川などを合せ,イースタンガーツ山脈の丘陵地を横切って東部海岸平野にいたり,下流部に広大な三角州をつくって,マチリパトナム南西方でベンガル湾に注ぐ。全長約 1290km。上流部は綿花,中流部ではナンキンマメ,豆類,雑穀,下流部は米の産地で,中・下流部で灌漑が盛ん。独立後,多くの水路が開かれ,本流のナーガールジュナサガルダム (灌漑,発電用) や,支流のツンガバドラダム (灌漑用) なども建設された。デルタ地帯にはビジャヤワーダを中心に多くの運河があり,ゴダバリ川三角州との間に船便が盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリシュナ川
くりしゅながわ
Krishna

インド南部、デカン高原を東流する川。西ガーツ山脈に発し、ビーマ川、ツンガバドラ川の二大支流をあわせ、ビジャヤワダから下流に、ゴダバリ川とともに広大なデルタをつくり、ベンガル湾に注ぐ。旧称キストナKistna川。デルタには運河網が発達し、灌漑(かんがい)用にも使われて豊かな米作地域が広がる。上流域は干魃(かんばつ)常習地域であるが、ツンガバドラ・ダムの完成により、一部では農業開発が進みつつある。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クリシュナ川の関連キーワードナーガールジュナコンダ遺跡ハイデラバード(インド)ナーガールジュナコンダアンドラ・プラデシュターリコータの戦いビジャヤナガル王国トゥンガバドラ川インド国立博物館アマラーバティーサータバーハナ朝イクシュバーク朝コロマンデル海岸リライアンス財閥ハイデラバードカルナータカ州アマラバティライチュールグントゥール東ガーツ山脈サーターラ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android