コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリシュナ川 クリシュナがわ Krishna

翻訳|Krishna

2件 の用語解説(クリシュナ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリシュナ川
クリシュナがわ
Krishna

旧称キストナ Kistna川。インド南部の川。ウェスタンガーツ山脈北部に発し,上流はマハーラーシュトラ,カルナータカ両州の高原地帯を南東流し,中流でアンドラプラデーシュ州に入り,クルヌールなどの盆地内をゆるやかに流れ,北からのビーマ川,南からのツンガバドラ川などを合せ,イースタンガーツ山脈の丘陵地を横切って東部海岸平野にいたり,下流部に広大な三角州をつくって,マチリパトナム南西方でベンガル湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリシュナ川
くりしゅながわ
Krishna

インド南部、デカン高原を東流する川。西ガーツ山脈に発し、ビーマ川、ツンガバドラ川の二大支流をあわせ、ビジャヤワダから下流に、ゴダバリ川とともに広大なデルタをつくり、ベンガル湾に注ぐ。旧称キストナKistna川。デルタには運河網が発達し、灌漑(かんがい)用にも使われて豊かな米作地域が広がる。上流域は干魃(かんばつ)常習地域であるが、ツンガバドラ・ダムの完成により、一部では農業開発が進みつつある。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリシュナ川の関連キーワードコインバトールタミルアナーキストドラビダ族ベンガルールキス・ストロベリーサンキスト アセロラ&レモンサンキスト 冷やしパインキストナ[川]スコットランド南部高地

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリシュナ川の関連情報