クリストバライト

化学辞典 第2版の解説

クリストバライト
クリストバライト
cristobalite

SiO2.クリストバル石ともいう.ケイ酸鉱物の一種.低温型α-クリストバライトと高温型β-クリストバライトとがある.SiO2は1723 ℃ 以上で液体であり,β-クリストバライトは1723~1470 ℃ で安定であり,1470 ℃ 以下ではトリジマイトになるが,1470~265 ℃ でも準安定相として存在する.265 ℃ 以下ではα-クリストバライトに転移する.α-クリストバライトは正方晶系,格子定数 a0 = 0.497,c0 = 0.692 nm.硬度6~7.密度2.33 g cm-3.β-クリストバライトは立方晶系,格子定数 a0 = 0.709 nm.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディアの解説

クリストバライト

ケイ酸SiO2だけからなる鉱物で,石英,トリディマイトとは多形の関係。α(正方晶系),β(等軸晶系)の2態ある。αは常圧下で198〜240℃でβに変わる。αは八面体の微晶をなし,安山岩のすきまなどから産する。硬度6〜7,比重2.33,半透明ガラス光沢があり,白色または無色。βは1470〜1713℃で安定。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリストバライト【cristobalite】

クリストバル石とも呼ぶ。化学組成SiO2鉱物で,Siを置換して少量のAl,Naが結晶構造中に入ると考えられている。高温型と低温型がある。室温では正方晶系,多くの場合175~250℃以上で立方晶系。八面体,一般に細粒で1mm以下,塊状。もろい。白色ないし乳白色,ガラス光沢。モース硬度6.5。比重2.33。主に安山岩,流紋岩,粗面岩,黒曜岩などの火山岩中に産出する。以前は非晶質とされていたオパールは非常に細粒なクリストバライトの集合体。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクリストバライトの言及

【シリカ鉱物】より

…化学組成SiO2で示される無水ケイ酸鉱物の総称で,天然には5種の鉱物として産出する。すなわち,石英,トリディマイトtridymite,クリストバライトコーサイトスティショバイトである。これらの中で,石英が最も普通な鉱物で,トリディマイトとクリストバライトは酸性火山岩中に産する。…

【二酸化ケイ素(二酸化珪素)】より

…また合成により結晶および無定形,ガラス状などの二酸化ケイ素が得られる。結晶状態には石英,リンケイ石,クリストバライトの三つの変態がある。石英(水晶,メノウ,玉髄,フリントなどを含む)は無色または不純物により紫,褐色その他に着色している。…

※「クリストバライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android