コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリヤンガ Creangǎ, Ion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリヤンガ
Creangǎ, Ion

[生]1837.3.1. モルドバ,フムレシュチ
[没]1889.12.31. ヤシ
ルーマニアの作家。農家に生れ,神学校に学んで補祭となったが,のち,小学校の教師となった。モルドバの首都ヤシの文学サークルで詩人 M.エミネスクの友人となり,そのすすめで創作民話を書き,1875~79年に『白い黒んぼ』 Harap Alb,『姑と3人の嫁』 Soacra cu trei nuroriなどの民衆の言葉を豊かに駆使した民話を発表。 81~83年の間に自叙伝『幼年時代の思い出』 Amintiri din copilǎrieを雑誌に寄稿。ユーモラスな語り口で農村の人々の生活と主人公のおいたちを描いたこの作品はルーマニア人の愛読書となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クリヤンガ

ルーマニアの散文作家。詩人エミネスクに勧められ,母国の民話や伝説に取材しながら,すぐれた想像力を駆使して親しみやすい物語を書いた。代表作《幼年時代の思い出》は山村に育った作者自身のおいたちをユーモラスに描いたもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリヤンガ【Ion Creangǎ】

1839‐89
ルーマニアの作家。モルドバ地方の農村に生まれ,この時代の首都ヤシに出て,小学校教師になった。小学生用の教科書の編集がきっかけとなって創作民話の筆をとり,《3匹の子ヤギ》(1875),《豚の話》(1876),《ハラプ・アルブ物語》(1877)その他の民話に即しながら固有のユーモアにみちた語り口による独創的な民話を書いた。未完に終わった《幼年時代の思い出》(1881‐82)は,農村人の姿を生き生きと伝える傑作である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリヤンガ
くりやんが
Ion Creanga
(1837―1889)

ルーマニアの民話作家。詩人エミネスクの勧めで民話を書き始める。色彩豊かなモルドバ方言を駆使して『三匹の子ヤギ』(1875)、『豚の話』(1876)、『ハラプ・アルブ物語』(1877)など、今日もなおルーマニアの子供たちに愛読されている創作民話を書いた。ほかに、ユーモアに満ちた未完の自叙伝『幼年時代の思い出』(1880~81)は、当時の農村の人々の姿を生き生きと描いた傑作である。[直野 敦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリヤンガの関連キーワードマンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールンベルニー

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android