コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリヤンガ クリヤンガCreangǎ, Ion

4件 の用語解説(クリヤンガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリヤンガ
クリヤンガ
Creangǎ, Ion

[生]1837.3.1. モルドバ,フムレシュチ
[没]1889.12.31. ヤシ
ルーマニアの作家。農家に生れ,神学校に学んで補祭となったが,のち,小学校の教師となった。モルドバの首都ヤシの文学サークルで詩人 M.エミネスクの友人となり,そのすすめで創作民話を書き,1875~79年に『白い黒んぼ』 Harap Alb,『姑と3人の嫁』 Soacra cu trei nuroriなどの民衆の言葉を豊かに駆使した民話を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クリヤンガ

ルーマニアの散文作家。詩人エミネスクに勧められ,母国の民話や伝説に取材しながら,すぐれた想像力を駆使して親しみやすい物語を書いた。代表作《幼年時代の思い出》は山村に育った作者自身のおいたちをユーモラスに描いたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリヤンガ【Ion Creangǎ】

1839‐89
ルーマニアの作家。モルドバ地方の農村に生まれ,この時代の首都ヤシに出て,小学校教師になった。小学生用の教科書の編集がきっかけとなって創作民話の筆をとり,《3匹の子ヤギ》(1875),《豚の話》(1876),《ハラプ・アルブ物語》(1877)その他の民話に即しながら固有のユーモアにみちた語り口による独創的な民話を書いた。未完に終わった《幼年時代思い出》(1881‐82)は,農村人の姿を生き生きと伝える傑作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリヤンガ
くりやんが
Ion Creanga
(1837―1889)

ルーマニアの民話作家。詩人エミネスクの勧めで民話を書き始める。色彩豊かなモルドバ方言を駆使して『三匹の子ヤギ』(1875)、『豚の話』(1876)、『ハラプ・アルブ物語』(1877)など、今日もなおルーマニアの子供たちに愛読されている創作民話を書いた。ほかに、ユーモアに満ちた未完の自叙伝『幼年時代の思い出』(1880~81)は、当時の農村の人々の姿を生き生きと描いた傑作である。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クリヤンガの関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリヤンガの関連情報