クリームパン

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

中にカスタードクリームを入れた菓子パン。◇和製語。クリーム(cream)+パン(pão<ポルトガル>)。1904(明治37)年、東京・本郷のパン店「中村屋」(現在本店は東京・新宿で、パンのほか和洋菓子の製造・販売やレストランを展開)の創業者相馬愛蔵・黒光(こっこう)夫妻が考案したものとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (洋語cream+pão) 菓子パンの一種。カスタードクリームを中に入れたもの。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉春日野「クリームパンとアンパンと各一つづつ一袋にしたのを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリームパンの関連情報