コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレサン Charles Cressent

世界大百科事典 第2版の解説

クレサン【Charles Cressent】

1685‐1768
フランスのレジャンス様式からルイ15世様式初期にかけての代表的な家具師,彫刻・金工家。18世紀の家具カタログに名が載っている数少ない家具師の一人。アミアン彫刻家の息子として生まれ,父から彫刻技法を,家具師の祖父から指物師法を学ぶ。1714年ころパリに出てサン・ルカ・アカデミーの彫刻家の会員に推挙され,その後A.C.ブールのライバルで,オルレアン公フィリップの家具師ジョゼフ・ポアトゥーの工房に入り,19年彼の死後未亡人と結婚,工房を継承しオルレアン公の家具師となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

クレサンの関連キーワードP. スウィングス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android