コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス8世 クレメンスはっせいClemens VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス8世
クレメンスはっせい
Clemens VIII

[生]1536.2.24. ファノ
[没]1605.3.5. ローマ
イタリア人教皇 (在位 1592~1605) 。本名 Ippolito Aldobrandini。 1585年枢機卿,88年ポーランド特使。 95年カトリックに改宗したフランス王アンリ4世に赦免を与え,スペインの重圧から逃れた。ドミニコ会とイエズス会の間で争われた恩恵論争に関して委員会を設けたが,委員会の意向に反しモリナを排斥しなかった。 96年禁書目録新版,ウルガタ訳聖書のシクスツス版刊行。また F.ド・サール,P.ネリの慈善事業を奨励した。

クレメンス8世
クレメンスはっせい
Clemens VIII

[生]?. スペイン
[没]1446.12.28. マジョルカ
教皇マルチヌス5世(在位 1417~31)の対立教皇(在位 1423~29)。本名 Gil Sánchez Muñoz。大分裂の時代の最後の対立教皇ベネディクツス13世(在位 1394~1417)の後継者。ベネディクツス13世の枢機卿(→カーディナル)らによって,アラゴン王アルフォンソ5世(在位 1416~58)の影響下,1423年6月に対立教皇として選出された。アルフォンソ5世と敵対関係にあった教皇マルチヌス5世に対抗するために利用されていたが,のちに両者が和解したため後ろだてを失い,1429年7月に退位した。ベネディクツス13世の正統性の承認を教会に求めたが,サンマテオへ隠退後は,配下の枢機卿たちにマルチヌス5世を承認させた。赦を得て教会と和解したとして,マジョルカ司教に任命された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

クレメンス8世

生年月日:1536年2月24日
教皇(在位1592〜1605)
1605年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

クレメンス8世の関連キーワードサン・ピエトロ大聖堂ベネディクツス14世チェザルピーノレオ11世フォンタナエステ家生年月日ブリル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android