コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロウシノシタ クロウシノシタ Paraplagusia japonica

2件 の用語解説(クロウシノシタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロウシノシタ
クロウシノシタ
Paraplagusia japonica

カレイ目ウシノシタ科の海水魚。シタビラメ,または単にウシノシタとも呼ばれる。全長 30cm内外。著しく扁平な体をもち,眼は体の左側にある。有眼側の体色は黄褐色で黒褐色の斑点が散在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロウシノシタ
くろうしのした / 黒牛舌
black tongue fish
[学]Paraplagusia japonica

硬骨魚綱カレイ目ウシノシタ科に属する海水魚。北海道以南の日本各地、東シナ海、黄海、南シナ海に分布する。吻(ふん)はかぎ状に腹方へ曲がり、先端は下眼の後縁下近くまで伸びる。体の背・腹縁と中央部に3本の側線が走る。口の周りに多数のひげ状物が一列に並ぶ。無眼側の背びれ、臀(しり)びれおよび尾びれは先端部を除いて黒い。水深1~65メートルの内湾から沿岸の浅海域の砂泥底にすみ、小型の甲殻類のほか貝類、魚類などを食べる。産卵期は5~9月で、盛期は7月。1年で12センチメートル、3年で27センチメートルほどに成長する。最大体長は35センチメートル内外。定置網や底引網で漁獲される。煮付け、フライ、ムニエルなどにする。味は近縁種のアカシタビラメやイヌノシタよりやや劣る。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロウシノシタの言及

【ウシノシタ】より

…世界中の温・熱帯域の浅海底に分布するが,まれに淡水に生息する種もある。日本には,イヌノシタCynoglossus robustus,ゲンコC.interruptus,アカシタビラメC.joyneri(イラスト),クロウシノシタParaplagusia japonica,ササウシノシタHeteromycteris japonicus(イラスト)など二十数種がおり,体長はふつう20~30cmである。長楕円形の体で,体型が舌を思わせることからシタビラメ,ウマノシタ,ベロなどと各地で呼ばれる。…

※「クロウシノシタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロウシノシタの関連キーワードウシノシタシタビラメ牛の舌黒牛の舌縞牛の舌舌鮃アカシタビラメオオグチガレイホシガレイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone