コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロウシノシタ Paraplagusia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロウシノシタ
Paraplagusia japonica

カレイ目ウシノシタ科の海水魚シタビラメ,または単にウシノシタとも呼ばれる。全長 30cm内外。著しく扁平な体をもち,眼は体の左側にある。有眼側の体色黄褐色黒褐色斑点が散在する。背鰭尾鰭,尻鰭と連続している。眼のない側 (体の右側) の腹鰭を欠き,胸鰭は両側ともない。砂泥底に生活する。北海道から南日本南シナ海にかけて分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロウシノシタ
くろうしのした / 黒牛舌
black tongue fish
[学]Paraplagusia japonica

硬骨魚綱カレイ目ウシノシタ科に属する海水魚。北海道以南の日本各地、東シナ海、黄海、南シナ海に分布する。吻(ふん)はかぎ状に腹方へ曲がり、先端は下眼の後縁下近くまで伸びる。体の背・腹縁と中央部に3本の側線が走る。口の周りに多数のひげ状物が一列に並ぶ。無眼側の背びれ、臀(しり)びれおよび尾びれは先端部を除いて黒い。水深1~65メートルの内湾から沿岸の浅海域の砂泥底にすみ、小型の甲殻類のほか貝類、魚類などを食べる。産卵期は5~9月で、盛期は7月。1年で12センチメートル、3年で27センチメートルほどに成長する。最大体長は35センチメートル内外。定置網や底引網で漁獲される。煮付け、フライ、ムニエルなどにする。味は近縁種のアカシタビラメやイヌノシタよりやや劣る。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロウシノシタの言及

【ウシノシタ】より

…世界中の温・熱帯域の浅海底に分布するが,まれに淡水に生息する種もある。日本には,イヌノシタCynoglossus robustus,ゲンコC.interruptus,アカシタビラメC.joyneri(イラスト),クロウシノシタParaplagusia japonica,ササウシノシタHeteromycteris japonicus(イラスト)など二十数種がおり,体長はふつう20~30cmである。長楕円形の体で,体型が舌を思わせることからシタビラメ,ウマノシタ,ベロなどと各地で呼ばれる。…

※「クロウシノシタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロウシノシタの関連キーワードオオシタビラメ舌鮃・舌平目イヌノシタ牛の舌舌鮃

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android