クロスオーバー

精選版 日本国語大辞典「クロスオーバー」の解説

クロス‐オーバー

〘名〙 (crossover 「交差」の意)
ロック、ジャズ、ソウルなどの分野要素が混合した音楽。フュージョン
② 一般に、違う分野の物事を組み合わせて新しい物事を作り出すこと。
※にんげん動物園(1981)〈中島梓〉二一「インタビューで気に染まぬ文章を書かれるのも馴れっこで、〈略〉クロスオーバーじゃない、才女とは何だ、といちいち憤慨していたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クロスオーバー」の解説

クロス‐オーバー(cross over)

[名](スル)
異なる分野の物事を組み合わせて新しい物事を作り出すこと。「歌舞伎ミュージカルとをクロスオーバーさせた作品」
ジャズ・ソウル・ロックなど、異なったジャンルの音楽の要素を交ぜて作り出した音楽。また、異なるジャンルの音楽の演奏家共演

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロスオーバーの言及

【ジャズ】より


[ジャズのゆくえ]
 1969年マイルス・デービスは《ビッチェズ・ブリューBitches Brew》(CBS)というレコードを発表した。13人のメンバー中,11人までがリズム・セクションという楽器編成から流れ出すこみいった複合リズム,さらにロックなどジャズから派生して発展したポップスからの再影響に加え,電気楽器を駆使したサウンドは,70年代の新しい動き――クロスオーバーcrossoverないしフュージョンfusionの先駆的作品と評価されている。70年代のフュージョン界の主要なリーダーは,そのほとんどがマイルス・バンドの出身者であったことは,マイルスの存在と影響力がなお衰えていないことを示すものであった。…

※「クロスオーバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android