クロスヘッド(英語表記)crosshead

翻訳|crosshead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロスヘッド
crosshead

ピストン棒と連接棒 (コネクティングロッド) を連結する摺動部品をいい,ピストンの往復運動を回転運動に変換する仲介をする。大型のディーゼル機関蒸気機関に用いられている。このほか,引張り試験機ではその支柱間にまたがり,試験片に負荷や変位を与える部品もクロスヘッドと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クロスヘッド(crosshead)

ピストン棒と連接棒とを結ぶ部品。ピストン棒の運動を伝える働きをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クロスヘッド【crosshead】

ピストンクランク機構において,ピストンと連接棒を連結するピストンピン部をピストン本体から分離するために設けられる部分。ピストン棒の先端と連接棒を連結している。クロスヘッドを設けることにより,ピストンは運動方向に垂直な力を受けることがなくなる,ピストンなど各部を堅固,簡素な構造にできるなどの利点がある。舶用大型2サイクルエンジンなどで用いられる。なお,クロスヘッドは連接棒によりピストンの運動方向に垂直な力を受けるから,これを支えるようにクロスヘッドシューが設けられ,これが運動案内面ともなっている(図)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クロスヘッド【crosshead】

往復機関で、ピストン棒と連接棒を結ぶ部品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

クロス‐ヘッド

〘名〙 (crosshead) 往復機関で、ピストン棒と連接棒とを結ぶ部品。ピストンの往復直線運動を案内し、連接棒からの力を支持する働きをもつもの。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉一「ピストンも滑走軸(クロスヘット)も〈略〉一つの神経が通ってでもゐるやうに仲よく廻転してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロスヘッドの関連情報