コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロ クロCros, (Émile Hortensius) Charles

2件 の用語解説(クロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロ
クロ
Cros, (Émile Hortensius) Charles

[生]1842.10.1. ファーブルザン
[没]1888.8.9. パリ
フランスの詩人,科学者。独学で特に科学を学び 14歳で大学入学資格を得,1860年化学教師になったが3年後に免職。自動電信機 (1867) ,蓄音機 (1877) などの原理を発表。また,高踏派,象徴派などの文学サークルカフェ出入りし,その才気で知られるようになり,数冊の詩集を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロ
くろ
Charles Cros
(1842―1888)

フランスの詩人、科学者。独学で若くして自動電信機や蓄音機を発明したが認められず、象徴派の作家ビリエ・ド・リラダン、詩人ベルレーヌらと親交があり、暗いユーモアに満ちた詩集『白檀(びゃくだん)の手箱』(1872)や、名優コクランのための独白劇など、奇才を発揮したが、貧困のなかに死んだ。息子の詩人ギ・シャルル・クロ(1879―1956)編の遺稿詩文集『野獣の爪(つめ)の首飾り』がある。[曽根元吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロの関連キーワード柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学香港特別行政区恐竜探偵小説アヘン戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロの関連情報