コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンバコナム クンバコナム Kumbakonam

3件 の用語解説(クンバコナムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンバコナム
クンバコナム
Kumbakonam

インド南部,タミルナードゥ州東部の都市。カーベリ川三角州上,河口から約 50km内陸に位置。チョーラ朝時代に副都として重視された。ナゲスバラ寺,大ビシュヌ寺など多くの寺院があり,近くのマハマカム聖浴場の水はガンジス川と地下で通じていると信じられ,多くのヒンドゥー教徒が沐浴に集る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クンバコナム(Kumbakonam)

インド南部、タミルナドゥ州の町。カーベリ川下流部に位置する。7世紀にチョーラ朝の都が置かれ、サランガパニ寺院クンベシュワラ寺院をはじめ、多くのヒンズー教寺院がある。聖なる池マハマカムで12年に一度行われるヒンズー教の大祭が有名。数学者ラマヌジャンの生地。クンバーコナム。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クンバコナム
くんばこなむ
Kumbakonam

インド南部、タミル・ナド州東部の町。人口14万0021、周辺部を含む人口16万0827(2001)。カーベリ川三角州の中央部にある古い町で、7世紀にはチョーラ王朝の都となったことがある。数多くのヒンドゥー寺院がみられ、マハマカーンとよばれる12年ごとの祭りは多くのヒンドゥー教徒でにぎわう。豊かな農業地帯を背後にもつので、精米、絹織物工業などが盛んである。錫(すず)製品や楽器の製作でも知られる。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クンバコナムの関連キーワードキンドゥコインバトールタミルタミル語マドゥライムンドゥセーラムタミルナドゥブリハディーシュワラ寺院アンナードゥライ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone