コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グァルディーニ Guardini, Romano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グァルディーニ
Guardini, Romano

[生]1885.2.17. ベロナ
[没]1968.10.1. ミュンヘン
ドイツのカトリック神学者,哲学者。ボン大学に学び,1923~39年ブレスラウ,ベルリン,45年テュービンゲン,48年ミュンヘン各大学教授。カトリック青少年運動ならびに典礼運動を指導したが,同時にキリスト教的実存哲学の立場から実存と信仰の問題について思索し,哲学,文芸,文明論の領域の著書がある。主著『典礼の精神』 Vom Geist der Liturgie (1918) ,『ドストエフスキー五大ロマンをめぐって』 Versuch über die religioser Existenz in Dostojewskijs grossen Romaner (32) ,『パスカル-キリスト教的意識』 (34) ,『ソクラテスの死』 Der Tod des Sokrates (44) ,『近代の終末』 Das Ende der Neuzeit (59) ,"Sorge um den Menschen" (2巻,62~66) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グァルディーニの関連キーワード2月17日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android