コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グエル邸 グエルていPalacio Güell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グエル邸
グエルてい
Palacio Güell

スペイン北東部,カタルニャ自治州バルセロナにある旧グエル伯爵の邸宅。 A.ガウディの代表作の一つ。パリ万国博覧会に出品されたガウディの作品に魅せられ,ガウディの有力な後援者となった実業家 E.グエルの別邸として 1885~89年に建設された。建物全体はイスラム住宅建築様式とゴシック様式を基本とし,直線を排除し,リズミカルな曲線と白と灰色のやわらかな色調で統一されている。正面入口の扉部分をはじめ細部にわたり鉄による装飾を施し,中央大広間はアルハンブラ宮殿をイメージし,採光を工夫することで天空の雰囲気を出すことに成功した。 1984年グエル公園カサ・ミラとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グエル‐てい【グエル邸】

Palau Güell》スペイン北東部の都市バルセロナの旧市街近くにある住宅。建築家アントニオ=ガウディが実業家エウセビオ=グエル伯爵による依頼で設計。1886年から1890年にかけて建造され、ガウディ初期の傑作として知られる。1984年に「バルセロナのグエル公園、グエル邸、カサミラ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。2005年の拡張登録の際、「アントニオガウディの作品群」に名称変更された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

グエルてい【グエル邸】

スペイン北東部のカタルーニャ州の州都バルセロナ(Barcelona)旧市街に残る、アントニオ・ガウディ(Antonio Plácido Guillermo Gaudíy Cornet、1852~1926年)の作品群の一つ。同市内、地下鉄リセウ(Liceu)駅、またはドラサナス(Drassanes)駅の近くにあり、ランブラス通りを少し入ったところにある。ガウディがエウゼビ・グエル伯爵の依頼で設計し、1886~1890年にかけて建設した住宅で、彼の初期の傑作とされている。建物内部の装飾は、アルハンブラ宮殿の影響を受けているといわれている。現在は舞台装飾の博物館となっている。サグラダファミリアをはじめ、バルセロナのガウディの作品とともに、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

グエル邸の関連キーワードアントニカサバトリョ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android