コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グエン・タイ・ホク グエンタイホク

百科事典マイペディアの解説

グエン・タイ・ホク

ベトナムの独立運動家。阮大学とも。フランスからの独立をかかげて1927年ベトナム国民党設立,その党首北部でその支持基盤を広げたが,フランス政庁の弾圧を受ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

グエン・タイ・ホク
Nguyen Thai Hoc


1902 - 1930
ベトナムの政治活動家。
元・ベトナム国民党党首。
ビンイェン省(北ベトナム)生まれ。
中国名阮/大学。
ハノイの私塾、南同書舎に学び、民族運動に覚醒。フランス領インドシナ総督に、ベトナム人労働者の労働条件の改善、教育制度の拡充、広報雑誌発行を建議するが、受け入れられず、独立路線を決意。1927年党首としてベトナム国民党を設立、北部の都市自営商人、教師、下級官吏、兵士の間に急速に発展するが、バザンの暗殺事件後、大弾圧を受ける。’30年2月9日、逮捕を逃れハノイ北西方のイェンバイ兵営などでフランス政庁に対し反乱を起こす。同年6月17日、同志とともにギロチンで処刑される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

グエン・タイ・ホクの関連キーワードイェンバイ蜂起

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android