グスリ(英語表記)gusli

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グスリ
ぐすり
Гусли Gusli

ロシアのチター型撥弦(はつげん)楽器。吟遊詩人が叙事詩朗唱の伴奏に用いた伝統的な楽器で、ロシアの民俗楽器のなかではもっとも起源が古い。翼形の5~14弦のものと、兜(かぶと)形の10~36弦のものがあり、ともに全音階的に調弦する。17世紀には舞曲やオペラの伴奏用に、両手指で奏する半音階的調弦の長方形卓上グスリが現れた。20世紀には、改良した翼形グスリで合奏団を編成したり、鍵盤(けんばん)を取り付けてオーケストラ楽器として使用するなどの試みがなされている。[藤田隆則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android