グヌン-ムル国立公園(読み)グヌンムルこくりつこうえん

世界遺産詳解の解説

2000年に登録された世界遺産(自然遺産)。東南アジアのカリマンタン(ボルネオ)島北部、マレーシアのサラワク州にある国立公園である。グヌン・ムルの「グヌン」は「山」を意味するマレー語であることから、「ムル山国立公園」と訳されることも多い。ムル山(標高2371m)は石灰岩の山で、山頂や山腹にはさまざまな生物が生息するカルスト地形が広がっており、地下には総延長が295kmに及ぶムル洞窟群と呼ばれている鍾乳洞が広がり、コウモリやイワツバメが生息している。なかでも、サラワク洞窟は世界最大の洞窟で、夕方になるとこれらの洞窟から数百万匹のコウモリが飛び立つ光景が見られる。ムル山の麓には熱帯雨林が広がっており、多様な動植物の生息地になっているが、とりわけ植物の宝庫として知られる。特にヤシは100種以上が確認されている。◇英名はGunung Mulu National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android