コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グライン グライン Grein, Jack(Jacob) Thomas

3件 の用語解説(グラインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グライン
グライン
Grein, Jack(Jacob) Thomas

[生]1862.10.11. アムステルダム
[没]1935.6.22.
オランダ生れの,イギリスの劇作家,劇評家。 A.アントアーヌ自由劇場に刺激され,1891年独立劇場を結成,G.ハウプトマンや G.B.ショーらの近代劇を上演。 95年イギリスに帰化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グライン

オランダ出身の英国の演出家,劇評家。アントアーヌにならい,1891年ロンドンに独立劇場を創設,イプセン,G.B.ショーなどの近代劇作家を紹介上演した。晩年は劇評家として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グライン
ぐらいん
Jacob Thomas Grein
(1862―1935)

イギリスの近代劇運動家。オランダ人だが、1895年にイギリスに帰化。劇作家、劇評家、プロデューサーとしてイギリスと大陸の演劇の交流に努力し、イギリス演劇の近代化に貢献した。フランスのアントアーヌの自由劇場に倣い、1891年ロンドンに独立劇場を開設し、商業主義を排した芸術色の強い演劇の上演を唱導した。イプセンの『幽霊』やバーナード・ショーの『男やもめの家』など当時かならずしも劇壇に受け入れられなかったが、彼の努力はグランビル・バーカーなどの演劇活動に受け継がれた。[中野里皓史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラインの関連キーワードアムステルダム条約アムステルダム派ニューアムステルダムアムステルダムインターナショナルアムステルダム・バロック管弦楽団アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団アムステルダムマラソン福岡空港のアムステルダム便アムステルダム港アムステルダム大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラインの関連情報