コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラモン グラモン Grammont, Maurice

3件 の用語解説(グラモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラモン
グラモン
Grammont, Maurice

[生]1866. ダンプリシャール
[没]1946. モンペリエ
フランスの言語学者,音声学者。モンペリエ大学教授をつとめた。比較言語学音声学,韻律論を研究。史的音韻論における一般的傾向の発見に努め,特に異化同化音位転換の研究に新見解を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グラモン
グラモン
Gramont, Philibert, Comte de

[生]1621頃
[没]1707
フランスの軍人。グラモンアントアーヌ3世の弟。アイルランドの作家 A.ハミルトンの妹と結婚。ルイ 14世宮廷における最も才気ある性格の持主の一人とされた。義弟の『グラモン伯の回想録』 Les Mémoires du Comte de Gramontによって知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラモン
ぐらもん
Maurice Grammont
(1866―1947)

フランスの言語学者、音声学者。ルスローJ. P. Rousselotによって導入された実験音声学ソシュールの音韻論を継承発展させ、とくに言語音の歴史的変化の主要因としての「同化」や「異化」の現象を明確にし、通時的音声学の確立に貢献した。また、フランス語の発音やフランス詩法についても優れた仕事を残した。主著として『印欧諸語およびロマンス諸語における子音の異化』(1895)、『音声学綱要』(1933)などがある。とくに後者は通時音声学の古典的名著とされる。[松本克己]
『杉山正樹訳『フランス詩法概説』(1974・駿河台出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラモンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone