コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリエール

3件 の用語解説(グリエールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グリエール

キエフに生まれソ連で活動した作曲家。モスクワ音楽院イッポリトフ・イワーノフらに学び,1920年−1941年母校の作曲科教授。アゼルバイジャンウズベキスタン民族音楽を研究し,ロシア国民楽派直系の作風を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

グリエール

ロシアの作曲家。モスクワ音楽院でタネーエフ、アレンスキーらに作曲を師事。1920年から41年まで同音楽院作曲科教授。38年から48年にはソヴィエト連邦作曲家同盟の組織委員会の議長を務める。
ロシア・ロ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリエール
ぐりえーる
Рейнгольд Морицевич Глиэр Reyngol'd Moritsevich Glier
(1875―1956)

ソ連の作曲家。ウクライナキエフに生まれ、モスクワ音楽院でタネーエフ、イッポリトフ・イワーノフ、アレンスキーに師事。その後キエフ音楽院、モスクワ音楽院で教鞭(きょうべん)をとり、プロコフィエフ、ミャスコフスキー、ハチャトゥリアンなどの優れた弟子を育て、モスクワに没した。彼はロシア国民楽派の伝統から出発したが、革命後はソビエト音楽の発展に一生を捧(ささ)げた。作品はあらゆるジャンルに及んでいるが、とくにバレエ『赤いけし』(1927)は最初のソビエト・バレエの一つとして高く評価されている。[寺田兼文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリエールの関連キーワードグレチャニノフスタンフォード六人組カステルヌーヴォ=テデスコカリヴォダクラウゼ ジグムントツィカントマーシェク(トマシェク)ハルシャーニユン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリエールの関連情報