コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリエール

百科事典マイペディアの解説

グリエール

キエフに生まれソ連で活動した作曲家。モスクワ音楽院イッポリトフ・イワーノフらに学び,1920年−1941年母校の作曲科教授。アゼルバイジャンウズベキスタンの民族音楽を研究し,ロシア国民楽派直系の作風を示した。オペラや管弦楽曲のほか,代表作として,1920年代の中華民国を舞台にしたバレエ音楽《赤いケシ》(1927年,1949年《赤い花》と改題)が知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリエール
ぐりえーる
Рейнгольд Морицевич Глиэр Reyngol'd Moritsevich Glier
(1875―1956)

ソ連の作曲家。ウクライナのキエフに生まれ、モスクワ音楽院でタネーエフ、イッポリトフ・イワーノフ、アレンスキーに師事。その後キエフ音楽院、モスクワ音楽院で教鞭(きょうべん)をとり、プロコフィエフ、ミャスコフスキー、ハチャトゥリアンなどの優れた弟子を育て、モスクワに没した。彼はロシア国民楽派の伝統から出発したが、革命後はソビエト音楽の発展に一生を捧(ささ)げた。作品はあらゆるジャンルに及んでいるが、とくにバレエ『赤いけし』(1927)は最初のソビエト・バレエの一つとして高く評価されている。[寺田兼文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリエールの関連情報