コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリオキシル酸 グリオキシルさんglyoxylic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリオキシル酸
グリオキシルさん
glyoxylic acid

グリオキサル酸ともいう。化学式 CHOCOOH 。未熟の果実中に存在する。水に溶けて黄色を呈する。エチルアルコールエーテルベンゼンに難溶。酸とアルデヒドの両方の性質を有し,アンモニア性硝酸銀を還元する。融点以上に熱すると分解する。植物および微生物代謝作用 (グリオキシル酸回路) にあずかる重要な物質である。酸化するとシュウ酸を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリオキシル酸
ぐりおきしるさん
glyoxylic acid

アルデヒドカルボン酸の一つで、グリオキサル酸glyoxalic acidともいう。吸湿性の無色柱状結晶。普通、1分子の結晶水を含む。水に溶けやすく、アルコール、エーテル、ベンゼンには溶けにくい。融点98℃で、これ以上加熱すればグリコール酸、シュウ酸、水を生ずる。物質代謝の中間生成物や分解産物として動植物界に広く分布する。とくに植物の未熟な果実や若い葉に多く存在するが、成長するにしたがって消失、あるいは減少する。また、生体内におけるアミノ酸の一種グリシン生合成の前駆体であり、分解産物でもあるし、光合成初期産物の一つであるグリコール酸の代謝中間生成物でもある。なお、グリオキシル酸回路の中間体として重要である。[飯島康輝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グリオキシル酸の関連キーワードハンス・レオ コーンバーグアミノ酸生合成阻害型除草剤グリシン(アミノ酸)シュウ酸(蓚酸)グリオキサール化学修飾電極ミクロボディクエン酸回路還元酵素

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android