コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリオキシル酸 グリオキシルさん glyoxylic acid

2件 の用語解説(グリオキシル酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリオキシル酸
グリオキシルさん
glyoxylic acid

グリオキサル酸ともいう。化学式 CHOCOOH 。未熟の果実中に存在する。水に溶けて黄色を呈する。エチルアルコールエーテルベンゼンに難溶。酸とアルデヒドの両方の性質を有し,アンモニア硝酸銀を還元する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリオキシル酸
ぐりおきしるさん
glyoxylic acid

アルデヒドカルボン酸の一つで、グリオキサル酸glyoxalic acidともいう。吸湿性の無色柱状結晶。普通、1分子の結晶水を含む。水に溶けやすく、アルコール、エーテル、ベンゼンには溶けにくい。融点98℃で、これ以上加熱すればグリコール酸シュウ酸、水を生ずる。物質代謝中間生成物や分解産物として動植物界に広く分布する。とくに植物の未熟な果実や若い葉に多く存在するが、成長するにしたがって消失、あるいは減少する。また、生体内におけるアミノ酸の一種グリシン生合成の前駆体であり、分解産物でもあるし、光合成初期産物の一つであるグリコール酸の代謝中間生成物でもある。なお、グリオキシル酸回路の中間体として重要である。[飯島康輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリオキシル酸の関連キーワードエチレングリコールグリオキサールグリオキシル酸回路塩基対ガングリオシドジフェニルグリオキサールジメチルグリオキサール2-オキソグルタル酸チミジル酸分枝2-オキソ酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone