コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリゴロービッチ グリゴロービッチGrigorovich, Dmitrii Vasil'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリゴロービッチ
Grigorovich, Dmitrii Vasil'evich

[生]1822.3.31. シンビルスク
[没]1900.1.3. ペテルブルグ
ロシアの作家。地主の家に生れ,ペテルブルグ美術学校で絵画を学びながら文学活動を始め,『村』 Derevnya (1846) と『アントン・ゴレムイカ』 Anton Goremyka (47) で農奴制下の農民の苦難に満ちた生活を描き出し,作家的地位を確立。その後も『漁夫』 Rybaki (53) や『移住者』 Pereselentsy (56) などを書いたが,晩年の『文学的回想』 Literaturnye vospominaniya (92~93) は 19世紀のロシア文学の歩みを知るうえで最も貴重な証言となっている。

グリゴロービッチ
Grigorovich, Yurii Nikolaevich

[生]1927.1.2. レニングラード
ロシアの振付師。 1946年レニングラード舞踊学校卒業後,レニングラード・バレエ団のソリストになり,56年 M.グリンカの『ワルツファンタジー』により振付師としてデビュー。 57年,『石の花』の改訂版を作り,群舞,組舞,ソロのコントラストを重視しながら主要人物を浮び上がらせるのに成功。 64年ボリショイ劇場芸術監督兼首席振付師となり,チャイコフスキーの3つのバレエのほか『スパルタクス』 (1968) ,『黄金時代』 (82) など多くの新演出を手がけた。 66年ソ連人民芸術家。 70年レーニン賞受賞。夫人 N.ベスメルトノワはボリショイ・バレエ団プリマ・バレリーナ

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グリゴロービッチの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩