グリセード

百科事典マイペディア「グリセード」の解説

グリセード

春や夏の山の雪渓ピッケルを利用して滑り降りる技術。ピッケルの石突きを後ろの雪面につけて,山靴で制動をかけながら斜面を滑降すること。膝(ひざ)を曲げてバランスをとりながら滑り降りる。19世紀中ごろ,ヨーロッパ・アルプスで開発された技術。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グリセード」の解説

グリセード
Glissade

氷雪の急斜面を下降するときに用いる登山技術の一つ。登山靴かかとを使い,ピッケルを身体の横後方の雪面につけてバランスをとり,かかとでスピードをコントロールしながら斜面を滑り降りる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「グリセード」の解説

グリセード

〘名〙 (glissade) 登山で、ピッケル、杖などを斜めうしろに突いて制動をかけながら、雪渓などをすべり降りること。〔万国新語大辞典(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「グリセード」の解説

グリセード(glissade)

登山で、雪の斜面を、ピッケル・つえなどで制動をかけながら、登山靴のままで滑り降りること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「グリセード」の解説

グリセード【glissade】

登山技術の一つ。固い雪の斜面を登山靴で滑降すること。19世紀中ごろからヨーロッパ・アルプスで用いられた。日本でも同様の技術はつえを用いて猟師たちが古くから行っていた。春や夏の雪渓で多く用いられる。雪の斜面に靴底を平らにおき,かかとで制動をかける。ピッケルはバランスの保持のために手に持つか,あるいはわきに持って雪面に軽く突いて滑らせたり,制動をかけたりする。停止や回転はスキーのクリスチャニアの技術と同様に靴の内側エッジに加重する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android