コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルカン glucan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルカン
glucan

グルコース (ブドウ糖) を単位とする生物界での代表的多糖類多糖類を呼ぶには,構成単糖の名の語幹に語尾として-anを加えるという慣行に従った命名。糖同士の結合様式や結合が途中で枝分れする頻度によって,デンプン (そのうちにも直鎖部分のやや長いアミロースと枝分れの多いアミロペクチンが区別される) ,動物の貯蔵多糖類であるグリコーゲン植物細胞壁のセルロース地衣類のリケナン,細菌が合成するデキストランなど各種のものが生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グルカン(glucan)

ローグルコース(ぶどう糖)から構成される多糖類総称。歯垢(しこう)の主成分で、ぶどう糖が分岐しながら多数連なる。虫歯菌が作り、黴菌(ばいきん)の温床となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グルカン

化学式は(C6H1(/0)O5)(/n)。D-グルコースからなる多糖類の総称。デンプン,グリコーゲン,セルロース,デキストラン,ラミナリン,リケナンなどを含む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

グルカン

 グルコースを構成糖とする多糖の総称.デンプン,セルロースなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

グルカンの関連キーワードアガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)ギムネマ・シルベスタケイ藻類(珪藻類)フォスフォリラーゼファイトケミカルその他のキノコ類レイシ(霊芝)グルカナーゼ干しシイタケβ―グルカンキシリトールアミラーゼギムネマ酸カワラタケカードラン転移酵素歯みがきAHCC酵母菌類プルラン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グルカンの関連情報