グルカン(英語表記)glucan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルカン
glucan

グルコース (ブドウ糖) を単位とする生物界での代表的多糖類多糖類を呼ぶには,構成単糖の名の語幹に語尾として-anを加えるという慣行に従った命名。糖同士の結合様式や結合が途中で枝分れする頻度によって,デンプン (そのうちにも直鎖部分のやや長いアミロースと枝分れの多いアミロペクチンが区別される) ,動物の貯蔵多糖類であるグリコーゲン植物細胞壁のセルロース地衣類のリケナン,細菌が合成するデキストランなど各種のものが生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グルカン

化学式は(C6H1(/0)O5)(/n)。D-グルコースからなる多糖類の総称。デンプン,グリコーゲン,セルロース,デキストラン,ラミナリン,リケナンなどを含む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

グルカン

 グルコースを構成糖とする多糖の総称.デンプン,セルロースなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android