コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルコシダーゼ glucosidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルコシダーゼ
glucosidase

グルコシドを加水分解して,グルコースと,その水酸基へのエステル的結合物であるアグリコンとにする酵素の総称。α-D-グルコシダーゼとβ-D-グルコシダーゼがある。前者は動植物,微生物に広く存在し,クロカビからは結晶状で得られている。後者も動植物界に広く分布しており,アンズやアーモンドはそのよい材料で,これらの種子中のグルコシドであるアミグダリンを分解するエムルシンは,19世紀に酵素研究の最初期に得られた酵素の一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グルコシダーゼの関連情報