コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルジア語 グルジアゴ

3件 の用語解説(グルジア語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グルジア‐ご【グルジア語】

コーカサス語族イベリア語群に属する言語。ジョージアアゼルバイジャン共和国などで話される。ジョージア語

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グルジアご【グルジア語 Georgian】

グルジア共和国の公用語。南カフカス諸語(南コーカサス諸語カルトベリ諸語ともいう)の一つ。言語人口351万人はカフカス諸語のなかで最大である。5個の母音音素と28個の子音音素をもつ。能格ergativeという特殊な格があり,これは他動詞の主語に用いられる。例:γmert‐ma kmna sopeli グメルトマ(神が,‐ma造格語尾で能格),クムナ(作った),ソペリ(世界を,‐i主格語尾),〈神が世界を作った〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルジア語
グルジアご
Georgian language

ジョルジア語ともいう。南カフカズ諸語の一つ。グルジアの公用語で,この国を中心に,約 365万人によって使われている有力な言語。方言的には東部と西部に2分される。最古の碑文は5世紀にさかのぼる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルジア語の関連キーワードクタイシグルジアオセチアウラジカフカスカフカス諸語ザカフカスアジャリア[自治共和国]アブハジア[自治共和国]イングーシ[共和国]北オセティア[共和国]

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グルジア語の関連情報